自治体版ウッドスタート

誕生祝い品事業と任意項目1項目以上を実施することにより、ウッドスタート宣言を公式発表し、調印式を行うことができます。

自治体版ウッドスタートの要綱・概要

​現在、誕生祝品事業のご契約から配布まで、2年計画で進めております。

​任意項目については、初年度か2年目に1つ目を実施、3年目以降は必要に応じて実施していただいております。

​必須項目

​誕生祝い品事業

地元の木工職人が、地域材で制作した木のおもちゃを赤ちゃんに贈る取り組み。各地の木材や文化を活かしたオリジナルのおもちゃづくりが始まります。

任意項目

木育キャラバンの開催

移動おもちゃ美術館『木育キャラバン』が、全国各地に、素晴らしい木のおもちゃとの出会いの場を創ります。おもちゃ作家による、300点以上のおもちゃでめいっぱい遊び、魅力ある地域資源や自然、そして森林を見つめなおし、地域活性化に繋がるきっかけ作りの役割を担っています。

任意項目

木育インストラクターの養成

木育のスペシャリストを養成する講座の開催。モノ(木のおもちゃ)と場所(木育ひろば)に加えて、人(木育インストラクター)が、その地域で、木と触れ合う場所を活かし、学びを提供し、木とともに生きる方法を提案していきます。

任意項目

木育円卓会議の実施

森林・林業・林産業に従事する人たちと、子育て支援関係者、自治体の担当者が一堂に会し、地域の木とともに生きる今と未来を「木育」という切り口で議論します。

任意項目

子育てサロンの木育化

「木」をふんだんに活用した子育て環境を整備する取り組み。そのシンボルとなるのが、「赤ちゃん木育ひろば」。日本の木の魅力と、職人やアーティストの技と美学が結集した子育てサロンです。

任意項目

姉妹おもちゃ美術館の設立

遊びと文化を大切に、地域の森林資源をふんだんに取り入れた「おもちゃ美術館」の姉妹館。これを地域の力で作り上げ、地域の魅力(観光資源)・遊びの充実(子育て支援)を目指していきます。

年間出生数100人の自治体を想定した経費概算

配布までに必要な費用の概算です。配布目標時期に合わせたスケジュールのご提案をいたします。

詳細はお問合せ・ご相談ください。

注1:デザイン画は2点提供、そのうち1点を誕生祝い品として選定していただきます。
注2:検品は任意項目です。
注3:運営管理費は当法人の関わり方により変動しますので、最大値で記載しております。
※別途消費税がかかります。

木育関係資料とは

おもちゃのプレゼントだけで終わらないように、ウッドスタートの理念や木育についてわかりやすくまとめた書籍『赤ちゃんからはじめる木のある暮らし』を、おもちゃに添えて渡していただきます。
“なぜ日本の木を使うのか”“なぜ木のおもちゃが良いのか”“木の特徴や効果”などをまとめています。

また、自治体オリジナルの木製玩具の取扱説明やコンセプトをまとめた『しおり』も作成します。

 
 
 

誕生祝品事業の流れ

実地調査・製作業者訪問

​初年度:ご契約~2カ月後頃

おもちゃのデザインを考案するために実地調査を行います。

観光地だけではなく、象徴的な場所やモチーフとなる物など、地域性をデザインに取り入れます。
製材所や木工所も見学し、地域材の調査や加工技術についても確認します。

デザイン画提供・製作者決定

​初年度:実地調査~3カ月

2点のデザイン画を提供します。製作者の選定、及び、どちらか1点のデザインを採用をお決め頂きます。

​※デザイナーによる“現物サンプル”の提供も可能です。(有償)

​製作者による試作開始

​初年度:デザイン決定~3カ月

​製作者に、デザイン画に基づき試作を行っていただきます。

​デザイナーによるデザイン画は、作り方を細かく指定するものではありませんので、製作者ご自身で図面を起こしていただきます。

試作ブラッシュアップ

​初年度:試作品提出~2カ月

製作者による試作品を、デザイナーと東京おもちゃ美術館で確認し、安全性の指針に基いてブラッシュアップを行います。

​仕様の変更が必要な場合は、ここで調整を行い最終仕様の確定を行います。

本製作開始

​2年目:製作者、個数により変動

確定した最終仕様に基づき、納期を確定、製作者へ発注をします。
※令和2年度より、発注は基本的に自治体から製業者へ直接行っていただきます。

しおり作成

​2年目:贈呈式から2カ月前

製品の取り扱い説明を含めたしおりを作成し、デザインの意図やおもちゃが出来るまでのストーリーを盛り込みます。
※写真の提供等、自治体・製作者にもご協力いただきます。

製品検品

​2年目:贈呈式から1カ月前

自治体へ納品する前に数量のチェックや仕上がりを確認するため、東京おもちゃ美術館が検品を行います。
※令和2年度より検品は任意項目となり、必須ではなくなります。

贈呈式・ウッドスタート宣言

2年目:ご希望の時期

初回の贈呈式は大々的にセレモニーを行います。

その場で、ウッドスタート宣言の調印式も行い、首長から代表の方におもちゃを手渡ししていただきます。

 copyright 認定NPO法人 芸術と遊び創造協会 All rights reserved. 

TTM_logo.jpg