メディア掲載・受賞

木育推進事業に関するメディア掲載・受賞履歴の紹介です。

受賞ーAwardー

姉妹館マップ.jpg

地元愛を幼い頃から感じられる取り組み、ウッドスタート事業の木を取り入れる暮らしのきっかけ作りや木工業・小売業への波及効果、地元自治体、市民、地元企業との連携、そして市民の力を活用した「姉妹おもちゃ美術館」経営などが評価されました。

『ウッドスタート~誕生祝い品で繋げる地域材活用のネットワーク~』と題し、活動の報告。地域材の活用を子どもの育みに生かし、特に誕生祝い品で全国の自治体・企業につなげていく活動は、極めて波及効果がある優れた事業モデルであること、そして他の木育事業と併せて、立体的な取り組みとそれによる相乗効果が評価されました。

姉妹館_長門②.jpg

木育推進拠点『姉妹おもちゃ美術館を作る』事業において、長門おもちゃ美術館(山口県)と、鳥海山木のおもちゃ美術館(秋田県)が開館しました。

また、長門おもちゃ美術館も”ソーシャル子育て・学習施設”部門で同年入賞しています。

toshimaku3.JPG

「ウッドスタート」事業について、東京おもちゃ美術館が『ハートフルデザイン部門を受賞し、監修を行った「ららぽーと海老名キッズプレイエリア「ウッドキューブ」」では、ライフデザインスタイル部門で受賞しました。

グッドライフアワード.jpg

地産地消の木製玩具を誕生祝い品でプレゼントする「ウッドスタート」の取組、そして東京都新宿から発信している『木育』の推進活動が評価されました。

DSC_7873.jpg

沖縄の大自然のなかに『やんばる森のおもちゃ美術館』を設立するため、クラウドファンディングに挑戦し、目標額を大幅に超えた寄付が集まりました。

子どもに媚びないデザインであり、木のぬくもりやにおいを感じながら想像力をふくらませて遊べる空間であるのと、間伐材の有効利用について評価されました。

東京おもちゃ美術館
『赤ちゃん木育ひろば』
akamoku.jpg

都内の小学校を改装したシンプルで温かみのある空間づくりと、造形物の展示構成についてや、子育て層の交流を促すサロン機能を併せ持ち、運営に地域ボランティアが携わり、地域や子育て支援の取り組みをしている点を高く評価されました。

誰もが参考にできる「木の良さを活かした作品」のコンクールにて、継続的なプロジェクトして評価できる作品として受賞しました。

メディア掲載

森林文化協会が発行している月刊誌に、2018年より毎年異なるテーマにて記事を連載。

テーマ 2021年「木のおもちゃと木育の広め手」

    2020年「木のおもちゃを創造する」

    2018年・2019年「木のおもちゃで地域をデザインする」    

  8月 東京おもちゃ美術館 開館10周年記念シンポジウム

   伝承遊びから学ぶ『木育』『自然体験』