木育キャラバン

2010年より林野庁の補助事業としてスタートした木育キャラバンは、現在は自主事業として運営しており、年間約40カ所以上の会場で展開している『移動型おもちゃ美術館』です。

木育推進などのテーマを軸に、ワークショップや遊びのステージなど、楽しいプログラムと共に地域を盛り上げたい!という主催者様の熱い思いを、東京おもちゃ美術館が応援します。

木育キャラバンとは

触れて遊べる木のおもちゃが大集合!あなたの住む町に、おもちゃ美術館がやってくる!
木育キャラバン(WOOD TOY CARAVAN)が、素晴らしい木のおもちゃとの出会いの場を創ります。

赤と緑の桐箱に、温もり溢れる良質な木のおもちゃと遊びをたっぷり詰め込んでお届けします。

魅力ある地域資源や自然、そして森林を見つめ直し、地域活性化に繋がるきっかけ作りの役割を担うのが、

移動おもちゃ美術館-木育キャラバン-です。

たくさんの良質な”木のおもちゃ”でたっぷり遊んで国産材の『木のファン』となり、森や樹々など自然に思いを馳せる、そのような「木」と「おもちゃ」、そして「人」との出会いの場です。

​自治体誕生祝品事業の任意項目の1つです。

mokuikucaravan.jpg
goodtoycaravan.jpg

 

木育キャラバンの開催を検討されている主催者様向けに、

すぐに活用できるプレゼンテーション資料をご用意しております。

​PDFデータをダウンロードしていただき、ご利用ください。

自治体様限定プラン「おもちゃ箱貸出」資料もございます。

​※参考ページはこちら

基本方針・プログラムのご紹介

毎年、全国各地40ヶ所以上をめぐり、誰もがグッド・トイで遊ぶことができる空間を生み出し、

国内外のおもちゃ作家による木製玩具の紹介に力を入れています。開催2日間+設営1日が基本プログラムです。

国産材を中心とした木のおもちゃが300点以上! 五感で感じる木育体感!

木のおもちゃは子どもの五感に働きかけ、感性豊かな心の発達を促すことと、おとなにとっても癒し効果があります。
おもちゃを通して、コミュニケーションの輪が広がります。

遊びのワークショップをプロデュースしよう!

地元材を活用した木工体験、身近な材料を利用したおもちゃ作り、むかし遊びや読み聞かせなど、わくわく感満載のワークショップを、地域文化再発見の場としてプロデュースしてみませんか?

身近な場所が、キャラバン会場に変身!

赤と黄色のシンボルカラーでデザインされた、クオリティの高いキャラバンセット(キャラバンボックス、パーテーション、パネル、フロア・ボードなど)を使用し、短時間で設営完了(4時間程度)。
(開催会場例:学校の体育館、市民センターや公民館などの公共施設、ショッピングモールのコンコース、アーケード街など)

設営準備から開催、そして撤収まで「まるごと楽しもう!」が合言葉。

キャラバンボックスを開けて、おもちゃを取りだすところから、キャラバンが始まります。開催中の運営はもちろん、設営から撤収までの全工程を、主催者やスタッフの誰もが楽しめるよう、市民性創造につながるイベントを一緒に作り上げましょう!
東京おもちゃ美術館のスタッフ(おもちゃコンサルタント有資格者)による、遊びのレクチャーあり。

木育キャラバン開催にあたっての安全対策指針について

東京おもちゃ美術館は、新型コロナウイルス対策に準拠したガイドラインを作成し、事前予約制度にて一貫して安全第一の運営を実行・実現してきております。

キャラバン開催にあたり、同ガイドラインに沿って感染防止対策を行い、安全性の高い開催をサポートします。

詳しくは、事務局(木育推進事業部)までお問合せください。

※東京おもちゃ美術館のホームぺージもご参照ください。

木育キャラバン開催実績

全国約45カ所・ミャンマー(海外)にて、のべ来場者数:150,000人

caravan_minakami.jpg

群馬県みなかみ町

(小学校の体育館)

福井子ども園2015.JPG

福井市

(こども園)

P1274237.jpg

ミャンマー

(Yangon Gallery)

Q&A

Q.開催に適しているのは、どんな場所ですか?

A.市民センターや、会館などのホール、視聴覚室、会議室など。但し、机や椅子が撤去できることが条件です。

折りたたみ式の長机、パイプ椅子などを活用します。
※開催会場例:学校の体育館、市民センターや公民館などの公共施設、ショッピングモールのコンコース、アーケード街、指定文化財の建築物、見本市会場など、広さや様式もさまざまです)

Q.どの様な法人、団体が開催しているのでしょうか。

A.行政、大学、NPO、文化団体、企業と多岐にわたっています。

Q.主催者側は、どんなお手伝いや動きをすればいいのでしょうか?

A.開催前日の会場設営、開催当日の運営、そして開催終了後の撤収まで一緒に行います。

木育キャラバンは、設営や撤収が楽しく行えるように工夫されています。また開催当日は、市民スタッフ一人ひとりが、来場者をサポートできるように、東京おもちゃ美術館のスタッフ(おもちゃコンサルタント有資格者)による、遊びのレクチャーを行います。

Q.どのくらいの来場者数を見込めば良いでしょうか。

A.小規模開催で、4~500人(2日間)、大規模開催であれば、数千人までの受け入れが可能です。

  ですが、木育キャラバンとしては、とくに集客のハードルは設けていません。