木育インストラクター養成講座in東京おもちゃ美術館

約半年ぶりに東京おもちゃ美術館にて、通常の人数よりも定員を少なめにして、木育インストラクター養成講座を開催しました。


この講座は、自然物の活用について、木製品を保育や暮らしの中に取り入れる方法について、また、木で創作する心地良さや面白さを体験することで、子どもたちに木に触れる楽しみ方をどう伝えるかを考えます。


受講者は、保育士以外にも企業や行政なども多いので、異業種間での交流ができるのも特徴です。


今回は、九州や中部、四国地方からなど、半数ほどが関東以外からのご参加でした。


木にしかない魅力を伝えていくには?

好奇心が芽生え、子どもが感じたことを受け止める大人の存在も大事です。

五感を刺激する木の匂いをかいでみましょう。

目を開けている時、そしてつむって触る木の感触や匂いは、どう感じるでしょうか。



人と人、人と自然の繋がり、人や自然に寄りそうこと、

目に見えないものを伝える”木育インストラクター”は、今後ますます注目される講座です。



受講をご希望の方は下記HPをご覧ください。

http://artplaylab.jp/nature/mokuiku_instructor/


 copyright 認定NPO法人 芸術と遊び創造協会 All rights reserved. 

TTM_logo.jpg