亀岡市がウッドスタート宣言

 令和3年7月10日(土)、京都府亀岡市はウッドスタート宣言調印式を執り行いました。府内では亀岡市が初めての宣言。地域の木材を活用し子育て・子育ち環境を整備し、子どもをはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じながら、楽しく豊かに暮らすことができるようにしていく取り組みを検討し行う予定です。


 桂川孝裕 亀岡市長と多田千尋 認定NPO法人芸術と遊び創造協会理事長による調印式後には、関係者を交えて「木育円卓会議」を実施いたしました。事業説明のあと、森林林業事業者、木工製作者、子育て支援、教育、行政など川上から川下の様々な立場の関係者からは「木の玩具が好きだが手に入りやすいのはどうしても海外産、亀岡産の木のおもちゃが広がることを期待する」など、木育を取り入れることへの前向きな意見が出ました。

 8月21日(土)・22日(日)には、市役所1階の市民ホールにて「木育キャラバン(移動おもちゃ美術館)」を開催予定です。


亀岡市HPの記事はこちら

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/shokunou/woodstart/woodstart.html