top of page

『 第10回木育サミット』ライブ配信企画プログラムが終了!録画配信は1/31まで


本年もどうぞよろしくお願いします。


さて、昨年末の12/17(土)、18(日)に『第10回木育サミット』のライブ配信プログラムが行われ、『第10回木育サミット』ライブ配信企画プログラムが大盛況のうちに終了いたしました!


『木育、これまでの10年 これからの10年』と題し、これまでの木育事例を振り返りながら、<団体間連携><都市住民の意識の醸成><カーボンニュートラルの実現>のキーワードを意識しながら議論を深めていきました。


ライブ配信プログラムでは、記念講演と3つの分科会を実施し、異なる視点から木や森のこと、それにかかわる様々な活動のお話をしていただきました。

ご参加いただいた皆様、ご登壇いただいた皆様、ありがとうございました。


実施報告書web版は、後日木育ラボHPに掲載予定なのでお楽しみに!


12月17日(土) 『森の市民をつくる~森・里・川・海そして都市をつなぐために~』

都市の住民が森を身近に感じるためには、なにが必要なのか。災害大国・日本に住む住民として、「自立」することの重要さを養老先生にご講義いただきました。

質疑応答の時間では、東京チェンソーズ・青木さんの移住の体験談を踏まえてお話していただき、都市部の人間の「参勤交代」など、ユニークかつ人間のバランスとして必要な方策を考える機会となりました。



12月17日(土)『ウッドショック下での福岡おもちゃ美術館の挑戦               ~地方おもちゃ美術館の10年後の未来を示す~』

2022年4月にオープンした福岡おもちゃ美術館の材料~製材、設計に関わった方々に、普段知ることのできないおもちゃ美術館設立までの裏話、設計・施工に(大変)苦労したお話を和やかに語っていただきました。林業を目指す若者からもお言葉をいただき、これからの木育が明るく感じるような会となりました。



12月18日(土)『森林に新たな価値を創造する』

普段森林・林業に関わりや関心が低い方に向けて、それぞれの異なった立場から取り組んでいる事例をご紹介いただきました。住民巻き込み型のどんぐり集めからつながる植林、設計から木材加工までを体験できる可視化された生産システムの提供、クリエイターとの森林の中でのアートイベントの企画など、ツールや場を通して森林の新しい価値を模索する、お互いに刺激しあう有意義な時間となりました。



12月18日(日)『木育さん、いらっしゃい!~「行動変容」に繋がる木育とは~』

木育に関わり人生が変わった4組の方にご登壇いただき、変化した価値観や周囲からの反応を某トーク番組風にお聞きしました。サプライズビデオメッセージでは、愛にあふれるお言葉に驚いたり、感動で号泣される方も……。視聴者のみなさんのリアクションも楽しい一体感を感じる分科会となりました。



録画配信プログラムは1/31までご覧いただけます!

下記の画像より、視聴ページへ移動できます。

みなさま、お見逃しなく!





コメント


bottom of page