【木育サミット】準備レポート!

木に親しみ、木を活かし、木と共に生きていく「木育」の活動を、多くの人に知ってもらうための木育サミット。第9回を迎える今年度のテーマは、

『つながる木育 つなげる木育 ~SDGs達成と持続可能な社会の実現を目指して~』

です。

「つなぐ」をキーワードにした様々なオンライン企画を準備中ですが、その中から録画配信企画の準備の様子を少しご紹介いたします。


 

録画配信企画

録画配信企画は、木育サミットにお申込いただくと、2022年2月中、お好きなときにご視聴いただくことができます。木育に積極的に取り組むリーダーの皆様から、木育への想いを語っていただいています。


Ⅰ.特別対談 「ウッド・チェンジと木育の発展」

   天羽 隆(林野庁長官)× 多田 千尋(東京おもちゃ美術館 館長)

Ⅱ.特別対談『木育推進と地域活性化』

   飯泉 嘉門 徳島県知事 × 椎川 忍 地域活性化センター理事長

Ⅲ.ウッドスタート・リーダーインタビュー『吉野林業と木育推進』

   中井 章太 吉野町長 × 青木 亮輔 (株)東京チェンソーズ代表取締役

Ⅳ.ウッドスタート・リーダーインタビュー『木曽町と木育推進』

   原 久仁男 木曽町長 × 青野 裕介 (株)Tree to Green代表取締役


<天羽隆 林野庁長官と多田千尋 東京おもちゃ美術館館長 の対談風景>


普段は赤ちゃんとご家族で賑わう杉づくしの「赤ちゃん木育ひろば」で、天羽長官の原体験、子ども時代の遊びについて、ぐいぐい迫る多田館長。



<中井章太 吉野町長と青木亮輔さん のインタビュー風景>


500年の伝統を持つ吉野林業とそれを守り受け継いでいく「山守」の顔を持つ中井町長。東京都檜原村で林業に携わる青木さんと、木育が持つ意義について語り合っていただきました。



<原久仁男 木曽町長と青野裕介さん のインタビュー風景>


子どもの頃は山で遊んだという原町長。今の時代に必要な、木を活かすための取り組みや連携について、木曽の木材の活用・木製品の開発に携わる青野さんにインタビューしていただきました。



<飯泉嘉門 徳島県知事と椎川忍 地域活性化センター理事長 の対談風景>


ウッドスタート宣言県である徳島県の飯泉知事、東京おもちゃ美術館と木育の連携協定を結び全国への木育推進にも力を入れている地域活性化センターの椎川理事長との対談では、徳島県・木頭杉の蝶ネクタイを付けた馬場が、地域活性化と木育の意義について、お二人からお話を伺いました。



 

このほか、ライブ配信企画はもちろん、ウッドスタート宣言県である滋賀県の三日月知事、群馬県の山本知事からの特別メッセージもお届けできる予定です。

お楽しみに!


・木育サミットHP  https://www.mokuikulabo.com/summit