香川県産ヒノキの木育ワークショップ 開催@讃岐おもちゃ美術館

いよいよ夏休みがスタートしましたね!

夏休みといえは、自由研究!

全国の姉妹おもちゃ美術館では、自由研究にも活かせる様々なイベントが企画されています!


そんな中で、今年4月に開館した讃岐おもちゃ美術館で開催している、「木育インストラクターによるワークショップ」をご紹介します。


講師は、讃岐おもちゃ美術館のある香川県高松市で、木工教室 癒楽木(ゆらぎ)を運営されている青木節子さん。

2009年に木を使ったものづくりを気軽に楽しんでいただくために木工教室を設立されました。DIYの基本から本格的な木工技術を伝えたり、香川産ヒノキを使った木工キットの販売も行っています。

そして、木育インストラクターとして、ものづくりを通して、木・森林・環境について分かりやすく伝え、木とふれあい、木に学び、木と生きる取り組みをされています。


毎月開催しているものに加え、8月は、夏休みのとくべつイベントも!

※詳細・お申し込み方法などは、各ワークショップのページをご確認ください。


8/9(火)ビー玉転がしを作ろう!

かなづちトントン、ビー玉転がしを作って遊ぼう!





8/20(土)玉落とし(クーゲルバーン)づくり

香川県産ヒノキを使って、ぐるぐる転がる玉落としを作ります。



8/21(日)いとのこで動物ストラップづくり

いとのこで小黒三郎さんデザインの動物を切り抜いて、ストラップを作ります



ワークショップの木材は、香川県産ヒノキの間伐材を使用しており、森林整備など地域の森林環境を守ることにも繋がります。木のぬくもり、匂い、手触りを感じながら、木のこと、森のことを学べるワークショップです。





その他にも、讃岐おもちゃ美術館はじめ、全国のおもちゃ美術館では、地域の素材や文化を活かしたワークショップが盛りだくさん!

夏休みの思い出にいかがですか?

ぜひ、お近くのおもちゃ美術館のホームページもチェックしてみてくださいね。



讃岐おもちゃ美術館 https://npo-wahaha.net/stm/

木工教室 癒楽木 https://yuragiwood.com/